MENUCLOSE
閉じる

CULTURE 企業文化

ホーム > 採用情報 > 企業文化

FEATURES ランドトラストの特徴

01

結果・能⼒主義

年功序列とは真逆の評価制度を⽤いており、若い社員が早くからマネジメントを経験できたり、改善意⾒などを経営層に提案することもできます。そのため、成⻑したいと望んでいる社員が多く情熱にあふれています。⼀⽅で、営業に比べて結果が分かりにくい事務系社員については、「7つのキーワード賞」を設けています。これは、表に出てこない事務系社員を称賛・表彰するもので、すべての仲間あっての会社であるという社⾵が⾊濃く出ています。

02

残業は基本的にしない

当社が⼀番重視しているのは「⽣産性」です。残業はせず、時間内で結果を出すことに注⼒していただきます。⽉160時間、年2000時間で、期待された成果を出し、成果に対して評価が上がる。その上で家族との時間、趣味にかける時間、⾃分の成⻑のための時間を充分にとれる⼈⽣を実現してほしいと考えています。

03

業界未経験スタートが9割以上

不動産業界の経験や知識は問いません。特にランドマスター事業は、業界でも類を⾒ないビジネスモデル。⼀つひとつステップを踏みながら、丁寧に研修・指導していきます。

04

ヒューマン・リソース

ヒューマン・リソースとは、「会社で働く社員は、会社の資源・資産である」という考え⽅です。資産である⼀⼈ひとりには、成⻑のためのしっかりとした制度や環境を⽤意しています。例えば「フィードバック制度」は、リーダー・⼈事と定期的に報告・意⾒交換告を⾏い、異動の希望や将来についてなど話し合う機会です。また様々なキャリアパスや研修制度を⽤意しており、各職域での成⻑に合わせてリーダーやマネージャーへのキャリアアップをサポートしていきます。

05

⼀般的な不動産業とは異なる

不動産といえば「⾼価なマンションを個⼈に販売する仕事」などのイメージがあるかもしれませんが、当社事業は⼤きく異なります。いわゆる町の不動産屋さんでなかなか借り⼿がつかない中古物件を、当社が借上を行いお客様に貸す、というビジネスモデル。⼤⼿競合の参⼊はほぼありません。

IN NUMBERS 数字で見るランドトラスト

CORONA MEASURES コロナ禍の体制やサポート

変則勤務について

当社では一部フレックス制度を取り入れており、一定のルールに基づき変則勤務ができるようになっています。
たとえば、通常は10時〜19時勤務のところ、はずせない用がある日は9時〜18時とする。
休憩時間60分を小分けにし、夕方に15分子供を迎えにいく時間にあてる。そういったフレキシブルな働き方も、上長に許可を取れば可能です。こうした働き方は、当社の「結果評価」につながる部分であり、勤務時間の制限は最低限緩和しています。

環境設備について

内勤の約80%でテレワークを導入しており、自宅での架電・受電やPC作業ができるよう環境整備をしています。
お客様にご迷惑をおかけしないため、できる限りの対策を講じ、社員もお客様も安全な状態であることを心掛けています。

WELFARE 福利厚生

社会保険完備

健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険など、各種社会保険を完備しています。

退職⾦制度

入社3年以上の従業員を対象に中小企業退職金共済と共済契約を締結して毎月積み立てていく制度です。

資格取得祝⾦

業務上必要な宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格取得をした場合、会社からお祝い金を渡します。

ジョブローテーション制度

定期的に様々な職種を経験することで、不動産業務に関する総合的なスキル習得を目指す制度です。

社員持株会

毎月の給与から一定額を株式購入に充てることができます。会社から5%の奨励金が給付され、長期の財形形成に利用できます。

⾷事補助

食事会等を通じて、職場のチームワーク作りと親睦を深めるための制度です。毎月1回の利用可能であり1人月2,000円までの補助を行います。

JOB CATEGORY 募集要項
ENTRY 応募エントリー