MENUCLOSE
閉じる

COLUMNS コラム

ホーム > コラム > 社長コラム > ポストコロナの働き方『リモートワーク』
社長コラム
2021.11.01

ポストコロナの働き方『リモートワーク』

『このコラムは、年6回パートナー企業様向けに発行しているリーフレット、「LANDMASTER NEWS」に掲載されたものです。』

 国内のワクチン接種が進み、新型コロナ感染者数が減少しているというニュースがメディアで毎日流れています。楽観的に考えると、新型コロナの経口治療薬が完成すれば、今回のコロナ禍も収束に向かうのではないでしょうか?

 緊急事態宣言が明けて通勤電車も混んできたような気がします。オフィス回帰が進んでいるのでしょう。今後のポストコロナの時代は、どのような働き方になるのでしょう?

 当社では内勤職の新規採用は全てリモートワークでの全国募集です。リモートワーク継続のポイントは、分業だと考えています。マスターリース契約書作成、物件情報サイトアップ、反響受付、ご案内、サブリース契約書作成、入居者対応、更新対応と、分業可能な全ての作業を切りわけ、全員シングルタスクで仕事を完結させています。これらの作業をマルチタスクで行おうとすると、習得すべき知識やスキルが多岐に渡り、研修期間が長くなるため、リモートワーク向きではありません。

 クラウドPBXの導入により、現在当社の管理部門に於いては、沖縄の石垣島や、山形県在住のスタッフが、電話での入居者対応を、おこなっております。

 勿論、在宅勤務では生産性が担保できない業務は職場勤務になりますが、リモートワークは、採用に於いても全国募集が可能なため、母集団形成がしやすく、優秀な人材の確保ができる点で、ポストコロナの時代も当社にとっては大変重要な働き方になると思っております。

CONTACT お問い合わせ
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う出勤抑制の方策として、弊社ではテレワークを実施しております。
その影響により電話をお待たせする場合がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

当社のサービスへ興味をお持ちの⽅は、是⾮下記の電話番号、もしくはお問い合わせフォームより問い合わせください。
043-273-5566受付時間:10:00〜18:00(⽔⽇祝定休)